Google+ Followers

2014年2月24日月曜日

magnifique(素晴らしい)



http://www.ecolesympa.com/
  こちら ヘッドフォン から本文の録音のダウンロードができます。

  
Bonjour,

aujourd'hui nous allons vous parler du mot "magnifique".
こんにちは。今日は”magnifique(素晴らしい)”という言葉の話をしましょう。
Comme d'autres mots que nous avons passé en revue précédemment dans le blog, son emploi est parfois approximatif.
これまでブログで確認した言葉と同じように使い方が時々曖昧です。

Voici quelques exemples de phrases où on utilise volontiers "magnifique" en français :
”manifique”を使ったいくつかのフランス語の例文です。
- Ce paysage est magnifique.
この景色は素晴らしい。
- "la joconde" de Léonard de Vinci, est une magnifique peinture.
レオナルド・ダ・ヴィンチの”モナ・リザ”は素晴らしい絵です。
- Leur fille est magnifique.
彼らの娘は立派です。

A noter : la place de l'adjectif "magnifique" dans la phrase peut changer.
メモ: 文中の”manifique”という形容詞の位置は変えることができます。
Reprenons les exemples précédents :
先ほどの例を挙げると:

- Ce paysage est magnifique.
この景色は素晴らしい。
- C’est un magnifique paysage.
素晴らしい景色だ。
- “la joconde” est une magnifique peinture.
”モナ・リザ”は素晴らしい絵です。
- C’est une peinture magnifique.
これは素晴らしい絵です。
- Leur fille est magnifique.
彼らの娘は立派です。
- Ils ont une magnifique fille.
彼らは素晴らしい娘がいます。

“magnifique” veut dire “très beau”, “ superbe”...
”magnifique” は”très beau(とても綺麗)”とか”superbe(素晴らしい)”などという意味です。

On ne l’utilise pas par exemple pour dire d’un plat qu’il est délicieux.
例えばとても美味しい料理の表現には使いません。
- cette cuisine est délicieuse.
この料理は美味しい。
- ce plat à l’air très bon.
この料理はとても美味しそう。

On ne l’utilise pas beaucoup en fait.
実際にはあまり使いません。
Par exemple, on ne dit pas :
例えば、こうは言いません:
- le cours de français est magnifique
フランス語の講座は”素晴らしい”
mais on dit :
でもこうは言います:
- le cours de français est très intéressant.
フランス語の講座はとてもおもしろいです。

2014年2月19日水曜日

Macarons(マカロン)!!




  こちら ヘッドフォン から本文の録音のダウンロードができます。

Aujourd’hui, à l’occasion de la Saint Valentin une étudiante nous a apporté de délicieux Macarons !!!
バレンタインデーの折に、生徒さんが美味しいマカロンを持ってきてくれました!!!


Tout le monde connaît le macaron !!! Tout le monde aime le macaron !!!

皆さんマカロンを知っています!そしてみんなマカロンが好きです!


Mais savez-vous que le macaron, petit biscuit dérivé de la meringue, est d’origine Italienne : le “Maccherone” serait apparu au moyen-âge et c’est à la renaissance que Catherine de Médicis aurait importé cette petite douceur à la cour de France.
メレンゲ菓子に由来する小さなクッキーのマカロンが、イタリア発祥だと知っていますか。カトリーヌメディチがフランス宮廷へ小さな甘いお菓子を持ってきたルネサンスの中世時代に、Maccheroneが登場しました。

A partir de cette époque le macaron ne cessera d’être servi aux rois et reines de France et la maison Dalloyau se spécialisera même dans la production des fameux gâteaux.
この時代からマカロンはフランスの王様や王妃へ仕え続け、同様に有名なお菓子として、Dalloyau(ダロワイヨ)のスペシャリテとなりました。

A compter de cette même période, la recette s’est propagée et désormais de nombreuses villes en ont une variante :  Macarons de Sault, macarons de Saint-Jean de Luz, Macarons des Dames du Saint Sacrement et les Amaretti italiens …
この時代からレシピが広まり、それ以後たくさんの街でマカロンのバリエーションができました。
Saultのマカロン、Saint-Jean de Luzのマカロン、Dames du Saint Sacrementのマカロン、それからイタリアのアマレッティ・・・。

Néanmoins, à ses débuts, le macaron est un petit biscuit aux amandes simple.
とは言っても、マカロンが出始めた当初は、単にアーモンドを使った小さなクッキーでした。

Ce n’est qu’en 1830 qu’ils seront assemblés deux à deux avec une crème ou de la confiture au milieu.

1830年には、2つの生地の真ん中にクリームやコンフィチュールを挟んだマカロンはありません。

Cette nouvelle variante est popularisée par le café de Pons dans le quartier Latin à Paris. Elle gagnera petit à petit ses lettres de noblesse, pour devenir cette pâtisserie très raffinée que nous connaissons aujourd’hui !
この新しいバリエーションはパリのカルチェラタンにあるPonsというカフェによって有名になりました。
今日私たちが知っているとても洗練されたお菓子になるために、少しずつ名高い高貴なお菓子になっていきました。

De nos jours, ce sont deux maisons françaises qui se partagent le trône au royaume du Macaron :
今日では、マカロン王国で王座を分かち合っている2つのフランス洋菓子店があります。

- Ladurée: qui fabrique ses Macarons depuis 1862 (dates d’ouverture de la première pâtisserie, au coeur de Paris)
ひとつは、1862年創業のマカロン製造のラデュレです。(パリ中心地に初めて開店した洋菓子店)
- Pierre Hermé :qui a commencé chez Fauchon avant de faire ses preuves chez Ladurée et d’ouvrir sa première boutique à …. TOKYO !!! (en 1998)
En effet, bien que français c’est au Japon que Pierre Hermé fera ses débuts et il n’ouvrira de magasin en France que 3 ans plus tard.
もうひとつは、ピエールエルメです。彼はラデュレで腕を磨く前に、フォションで働き始めました。
そして、1998年に東京!!!で、彼の最初のお店がオープンしました。
実際、ピエールエルメはフランス人にもかかわらず、日本で最初にお店をスタートし、その3年後にフランスでお店を開きました。

Alors … peut-être le macaron est t’il le symbole d’une histoire d’amour entre la France et le Japon ?
おそらく、マカロンはフランスと日本間における愛好の歴史のシンボルではないでしょうか?


texte(文章) : Colinda
narration(ナレーター) : Laurent



2014年2月14日金曜日

Saint Valentin !!! (バレンタインデー!!!)

http://www.ecolesympa.com/


こちら ヘッドフォン から本文の録音のダウンロードができます。


Saint Valentin !!!

バレンタインデー!!!


C'est le 14 février !

2月14日です!

Et en France comme qu Japon c’est  la Saint Valentin !

フランスでも、日本のようにバレンタインデーがあります!
En france, il y a 4 camps :
フランスでは、4つのグループがあります。
- Le camp des gens qui n’ont pas vu qu’on était le 14 février et pour qui la Saint Valentin est un jour comme un autre.
http://www.ecolesympa.com/-2月14日を気にしていない人たち、そしてバレンタインデーを特別な日と思わない人たちのグループ。

- Le camp des célibataires … qui parfois organisent des contres-soirées : on se retrouve entres-amis pour dire que les couples c’est nul et puis surtout pour faire la fête. Tout les prétextes sont bons pour s’amuser ! Et les femmes surtout adorent en profiter pour faire des soirées entre copines à manger du chocolat avec un bon vin et parfois un bon film !!!
-夜のパーテイーを時々企画する独身者たちのグループ。恋人がいない友達同士が、カップルなんてくだらいと言ってパーティーを開くために集まります。楽しむためのまさに良いきっかけです。とくに女性は女性だけで美味しいワインと一緒にチョコレートを味わったり、良い映画を観ながら、夜を楽しむことが大好きです。

-Le camp des gens qui détestent la Saint-Valentin : en général ce sont des gens un peu aigris ou alors des gens qui viennent de rompre … ou alors juste des français qui aiment râler et qui disent que “la Saint-Valentin c’est encore une fête commerciale et que les magasins essayent juste encore de nous vendre des choses inutiles.”
-バレンタインデーを嫌う人たちのグループ。一般に、少し苛立った人やもしくは破局をしたばかりの人。そうでなければバレンタインデーはお店側が無駄なものを買わせようとする商業
的なお祭りだと言ってただ文句を言うのが好きなフランス人。

C’est peut-être un peu vrai mais comme personne n’est obligé d’acheter …
これはおそらく真実ですが、誰も買うことを強いているわけではないんですけど・・・。

Intéressons nous au dernier camp : le camp des amoureux qui aime et veut fêter la Saint-Valentin.
Ces amoureux épris qui se promènent main dans la main en échangeant de long regards tendres avec plein d’étoiles dans les yeux !
最後のグループは興味深いです。バレンタインデーが好きで祝いたい恋人同士のグループ。
目の中にたくさんの星が詰まったまなざしを交わしながら、手を繋いで散歩をする熱々の恋人たち。

Pour ceux-ci, la Saint-Valentin c’est quoi ?
彼らのためのバレンタインデーとは何でしょうか?
En france aussi, saint valentin rime avec chocolat, fleur et dîner en amoureux.
Mais la différence c’est qu ‘en France il n’y a pas de white day. Il n’y a que la saint valentin.
フランスでも、恋人とのバレンタインデーにはチョコレート、お花、ディナーがつきものです。
http://www.ecolesympa.com/
しかし、フランスではホワイトデーがないことが日本との違いです。バレンタインデーしかないのです。

Donc le 14 février tout le monde se met sur son 31.
だから、2月14日はみんなおしゃれをします。
Les maris invitent leur femme pour un tête à tête romantique dans un restaurant.
夫は妻をレストランへロマンティックな2人のディナーに誘います。
Un garçon va acheter un bouquet de fleur pour sa petite-amie.
男の子は彼女に花束をプレゼントするでしょう。
Certains prépareront eux-mêmes un dîner aux chandelles avec champagne !
ある人々は、キャンドルの置かれたディナーをシャンパンと共に用意します!
En fait il n’y a pas vraiment de règles mais en France, le 14 février les amoureux et les amoureuses se font des cadeaux ou des surprises.
実際、フランスではルールはないのですが、2月14日は恋人同士がプレゼントや思いがけない贈り物を贈り合う日なのです。




2014年2月13日木曜日

La Chandeleur(ラ シャンドルー)


Bonjour, c'est Bertrand.
 こんにちは。ベルトランです。

Dimanche 2 février, en France, c’était la Chandeleur. Vous en avez entendu parlé?

Qu’est ce que c’est « la Chandeleur » ?
2月2日の日曜日、フランスではラ・シャンドルーの日でした。聞いたことがありますか?
《ラ・シャンドルー》とは何の日でしょうか?

La Chandeleur, ou « Fête des chandelles » est une fête populaire, c’est une fête religieuse chrétienne. On allume des bougies dans sa maison. La bougie représente la lumière, Dieu.
ラ・シャンドルー、《ろうそく祝別日》 は、大衆的な祝祭で、キリスト教の祝祭です。
家でろうそくの火を灯します。そのろうそくは、神様の光を表します。

 
La Chandeleur a lieu 40 jours après Noël, elle marque la fin des célébrations de Noël. Dans la tradition, on range « la crèche » une fois la Chandeleur passée.
ラ・シャンドルーは、クリスマスの40日後にあり、クリスマスの終わりを示します。
伝統的には、ラ・シャンドルーが過ぎたら《クレーシュ(下記の写真 キリスト生誕の場面を再現した模型)》 を片付けます。



Pourquoi mange t-on des crêpes ?
なぜ、クレープを食べるの?

Pour faire des crêpes, on utilise de la farine. Comme le riz au Japon, la farine est un aliment essentiel en Europe, on l’utilise pour faire du pain, des gâteaux, mais aussi des crêpes.
Les crêpes de la Chandeleur sont symbole de prospérité pour l’année à venir. On remercie la Nature et la Terre.
クレープを作るのには、小麦粉を使います。日本のお米のように、ヨーロッパでは小麦粉は主食で、パンやケーキ、クレープを作るのに使います。
シャンドルーのクレープは、新年の繁栄のシンボルです。自然と大地に感謝をします。

On dit aussi que les crêpes, par leur forme ronde et dorée, représentent le soleil. Elles symbolisent l’arrivée prochaine du printemps, après l’hiver sombre et froid.
また、クレープは丸くて、金色の形をした太陽を表します。暗くて、寒い冬の後の春の訪れの象徴です。
Février, double fête des crêpes
2月は、2度クレープのお祭りがあります。

En Février, il y a deux grandes occasions pour manger des crêpes. D’abord, la Chandeleur, puis « Mardi Gras ».
2月はクレープを食べる2度の大きな機会があります。1つはラ・シャンドルーで、それから《マルディ・グラ》です。


C’est aussi une fête d’origine chrétienne, marquant le début du Carême 四旬節.
A Mardi Gras, les enfants se maquillent, ils se déguisent. Dans les rues, c’est le carnaval.
マルディ・グラもキリスト教由来のお祝いの日で、四旬節(復活祭までの期間)の始まりを示します。
マルディ・グラでは、子供達がお化粧をし、仮装して、街中でカーニバルを行います。


A l’école et à la maison, on mange des crêpes.
学校や家で、クレープを食べましょう!
Et vous, quand est-ce que vous mangez des crêpes ?
 あなたはいつクレープを食べましたか?

A bientôt !
それではまた! 




2014年2月11日火曜日

一年分のレッスンを3週間で!



今日は、今までフランス語をお勉強したことが無いといみなさんに、3週間で一年分お勉強ができる、速習コースをご案内します。

講座
終了後には、メトロを使いこなして街を歩き、買い物をして、レストランで注文もできるよになりますよ。

フランス滞在が目標
方、基礎を一気にお勉強したい方、歌を歌えるよになりたい方など、今まで、沢山方がこ速習コースに参加されました。

レッスンは1日3時間で週5日。

フランス語づけ
毎日で、使えるフランス語を身につけてみませんか。


場所:阿佐ヶ谷校
期間2014 - 33() 2014 - 325()
曜日:月、火、水、木、金 (週5 日)休み321() 
時間 10001130, 11451315   
           (途中15分休憩) 13時間×16
担当講師 Alexandre S. Marine J.
対象レベ:入門
料金
入会金 10,500円 (外部
)
受講料 118,000円 
教材費 0円 エコール・サンパ オリジナルテキストプレゼント 
最低催行人数4
使用テキスト:サンパが日本人初心者向けに編集 したオリジナルテキストをつかいます。
定員 8名まで
お申し込み:生徒さんは受付までご相談くださ い。外部
方は本部(03-3337-7933) までお電話ください。

お支払い方法:現金又は以下
口座 へお振込をお願いします。
みずほ銀行 西荻窪支店 普通 1959797 有限会社 エコール・サンパ







にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ 
 にほんブログ村

http://www.ecolesympa.com/etudier/module.php?m=37&c=123