Google+ Followers

2014年4月29日火曜日

La cuisine lyonnaise : Les Grattons(グラトン)


こちらヘッドフォンから本文の録音のダウンロードができます。 


Bonjour tout le monde, c’est Bertrand !
皆さんこんにちは、ベルトランです! 

Aujourd’hui, je vais vous parler d’une autre spécialité de Lyon, les grattons.
今日は、リヨンのスペシャリテ「les grattons(グラトン)」についてお話しします。

Les grattons sont un plat traditionnel, souvent régional, composés de tissus adipeux de porc, d'oie ou de canard, qui sont confits dans leur graisse.
Parfois chauds, le plus souvent froids, ils sont servis à l'apéritif, en plat avec une salade, en accompagnement, ou utilisés dans des tartes, des tourtes ou autres spécialités culinaires.
les grattons(グラトン)は地方の伝統料理で、豚、がちょう、鴨などの脂で漬けられた料理です。
時には温かく、多くの場合冷たくいただき、アペリティフやサラダの付け合わせに、タルトやパイの具材や伝統料理に使われます。

 
La préparation des grattons
グラトンの作り方

Les bardes de porc (morceaux de maigre et de couenne) sont découpées en lanières et mises à confire à feu très doux dans une cocotte avec très peu d'eau.
豚の背脂の薄切り(脂肪分の少ない部位や豚の皮)を細長い帯状に切り、少量の水を入れた両手鍋の中に入れ、とろ火で煮込みます。
La graisse doit rester blanche, sans brûler ni roussir, elle donnera le saindoux utilisé dans de nombreux produits charcutiers. Après cinq à six heures, les parties confites sont égouttées, pressées et assaisonnées avec du sel, du poivre, des épices, parfois additionnées de quelques gouttes de vinaigre, d'ail ou de persil haché.
脂は白い状態のままでなければならず、焼いたり焦がしてはいけません。豚肉製品のラードになります。5~6時間後、脂漬けされたものの水分を切り、搾り、塩、コショウ、スパイス、時に数滴ビネガーを加え、ニンニクや刻んだパセリで味付けをします。

15 kg de gras de porc ne donnent généralement que 3 kg de grattons.
15kgの豚の脂で、たいてい3kgのグラトンしかできません。

 
Quelques recettes aux grattons
グラトンを使ったレシピ

Dans les Cévennes, on prépare la « Fougasse aux grattons d'oie ».
セヴェンヌ地域(フランス南部)では、「がちょうのグラトンのフーガス」を作ります。
En Auvergne, on prépare la « Pompe aux grattons » et dans le Morvan la « Galette aux griaudes ». Ce sont en fait des brioches ou cakes aux grattons. Les grattons remplacent ici le lard.
オーヴェルニュ地域(フランス中央部)では、「Pompe aux grattons(下記の写真)」やモルヴァン地方の「griaudeのガレット」があります。それらは、グラトンのブリオッシュや塩味のパウンドケーキのようなものです。ここではグラトンはラードの代わりに使われます。

Pompe aux grattons

Moi, je les utilisent plutôt en salade pour garnir une salade verte en remplacement des lardons, ou encore en omelette. On peut également farcir les volailles avec.
私は、ベーコンの代わりにグリーンサラダのトッピングに使います。あと、オムレツの中にも入れます。同様に、鶏肉のファルシ(詰め物)にも使います。
Mais ce que je préfère, c’est en apéritif avec un bon verre de vin rouge des Côtes-du-Rhône.
しかし、私にとってお気に入りの食べ方は、コートデュローヌの美味しい赤ワインと一緒にアペリティフにいただくことです。


Voila, à très bientôt pour une nouvelle découverte culinaire !
それでは、また近々、料理の発見のお話をお伝えします!

2014年4月25日金曜日

第1回パリ東京往復チケット、当選者発表!


フランス往復チケットが毎月1名にあたるキャンペーン、たくさんのご応募ありがとうございました。
無事に抽選を終えました!
記念すべき第1回目当選者のお名前は、今月から月一で配信する動画「サンパ・テレ」最後のコーナーで発表します!

さあみなさん、深呼吸して動画をクリック!







これから毎月このYouTubeチャンネルで、チケット当選者発表のほか、おすすめ映画やシャンソン、料理教室メニュー(毎月違うメニューで開催します)、サンパのニュースをお伝えします。
いま早く当選者だけチェックしようと最終コーナーまですっ飛ばしたみなさん!もう一度飛ばしたところを見て!お役立ち情報やちょっと笑えるコントも入ってますよ。
ぜひチャンネル登録して、月に一度必ずチェックしてくださいね。来月以降は毎月20日に抽選を行い、この番組に結果をアップします。その他のコーナーへのご意見やリクエストもお待ちしています。どしどしコメント欄に書きこんでください!

 

2014年4月23日水曜日

Les pronoms relatifs QUI et QUE (関係代名詞のQUIとQUE)

Bonjour c'est Benoît,
こんにちは ブノワです。

ça fait longtemps que je ne vous ai pas proposé d'exercice.
久しぶりに、皆さんに練習問題をお送りします。

En voici un très simple. Il s'agit de choisir le bon pronom relatif - QUI ou QUE - pour relier les phrases entre elles.
今回は、関係代名詞に関する問題を選んでみました。QUIとQUEを使って、2つの文章をつないでみてください。

1. Je veux acheter un appartement. Il est meublé.

2. Une personne parle avec Philippe. Elle est une nouvelle étudiante.

3. Nous faisons des leçons en ce moment. Elles sont très faciles.

4. Une fille écoute de la musique. C'est ma voisine de classe.

5. Il promène des chiens. Ils appartiennent à Shintaro.

6. Elle a vu un film hier. Il s'appelle ''Mon oncle".



7. J'ai vu une robe dans le magasin. Elle est vraiment magnifique.

8. Je cherche un garçon. Il porte un t-shirt rayé rouge et blanc.

9. Je préfère cette musique. Elle est calme.

10. Il a fait des voyages. Ses voyages sont merveilleux.

Au travail !
頑張って練習してみてください!

答え合わせは次回お伝えします。

2014年4月22日火曜日

サンパの料理教室5月スタート!


http://www.ecolesympa.com/cuisine/


サンパの料理教室、5月メニュースタート!


お花見の日のテリーヌ、美味しかったですよね~。新しい理教室の先生、 Stevenのお手製だったんですが、数日前に阿佐ヶ谷の商店街で買ってきた材料だけで、あっという間につくってしまったんで す。 ざっくり作り方を説明してもらうと、なるほど想像以上に簡単。それでいながら、フランスでコックとして経験を積んだ彼ならではの、 「美味しくする秘訣」が隠されていたようです。


charcutier, patissier, traiteur,3つのディプロムを持つ彼の原点は、おばあちゃんが愛情こめて作ってくれた昔ながらの伝統料理。サンパの料理教室ではフランス家庭のお もてなし料理を、日本の家庭で作れるレシピにアレンジしてご紹介します。もちろんそこには、彼ならではのプロの秘訣とおばあちゃ んか ら受け継いだ智恵がつまっています。


5月のメニューは、前菜に春らしいサラダ、メインは鴨ローストオレンジ ソー ス。デザートは季節のフルーツのムース。特別な日にぴったりのメニューです。

http://www.ecolesympa.com/cuisine/

http://www.ecolesympa.com/cuisine/

http://www.ecolesympa.com/cuisine/


まだ間に合う日程もあります。お申込み、お問い合わせはぜひお早目に。


詳しくはコチラ



2014年4月21日月曜日

La cuisine lyonnaise : La Cervelle de Canut


こちらヘッドフォンから本文の録音のダウンロードができます。

Bonjour à toutes et à tous, c’est Bertrand!
 みなさんこんにちは。ベルトランです。

Aujourd’hui, je voudrais vous parler d’une autre spécialité de Lyon, la cervelle de canut.
今日は、リヨンの名産「la cervelle de canut(セルヴェル・ド・カニュ)」についてお話しします。

La cervelle de canut, aussi appelée claqueret, est une spécialité fromagère typique de la cuisine lyonnaise. C’est une faisselle aux herbes que l’on sert froide, en accompagnement d’un plat, et qui se marie très bien avec le vin blanc comme le vin rouge (un beaujolais par exemple).
La cervelle de canut は、claqueret(平手打ち)とも呼ばれていて、リヨンの典型的なチーズ料理です。フレッシュチーズにハーブを合わせて混ぜ合わせたもので、料理の付け合わせにします。
白ワインやボジョレーのような赤ワインとも相性が良いです。

À Lyon, la cervelle de canut est traditionnellement servie dans un bol, accompagnée de pain grillé (en toast) et/ou de pommes de terre cuites. Elle peut aussi assaisonner une salade.
リヨンでは、la cervelle de canutは伝統的に椀に入れて、トーストしたパンや火を入れたジャガイモと共に出されます。 また、サラダの味付けにも使われます。


Aux origines...
起源

La recette actuelle est attribuée à Paul Lacombe, chef du restaurant Léon de Lyon. Il ouvrit celui-ci en 1904, rue Pléney, et y popularisa sa préparation en 1934.
今のレシピは、リヨンにあるレストラン「Léon」のシェフである Paul Lacombeが作りました。
彼のレストランは1904年 Pléney通りに開店し、1934年に彼の料理が人気となりました。

Restaurant Léon de Lyon
Rue "Léon de Lyon" en hommage à Paul Lacombe

Un canut est un ouvrier tisserand de la soie qui travaillait sur les machines à tisser. Les canuts se trouvaient principalement dans le quartier de la Croix-Rousse à Lyon au XIXe siècle.
canutとは、織機で織る絹織物職人のことです。絹織物職人は19世紀、主にリヨンのCroix-Rousse地区にいました。
 
Métier à tisser 織機

On dit que pour les canuts qui sont des ouvriers peu fortunés, la cervelle de canut constituait souvent l'essentiel de leur repas. Ce mets remplaçait la cervelle d'agneau (par son apparence plutot que son gout) qui est bien trop chere pour eux.
絹織物職人は、貧しい職人と言われていて、la cervelle de canutは彼らの必須の食事としてしばしば食べられていました。la cervelle de canut より高価なla cervelle d'agneau 子羊の脳みそ(味ではなく、見た目が似ていることから)の代用品として出されていました。

Comment préparer la « cervelle de canut » ?
« cervelle de canut »はどのように作るの?

Ce mets est préparé à base de fromage blanc ou de crème, et de fromage de chèvre frais.
フロマージュブランやクリーム状のチーズ、または山羊のフレッシュチーズをベースに作ります。
Il est assaisonné avec des herbes hachées (comme de la ciboulette par exemple), de l'échalote, du sel, du poivre, de l'huile d'olive et du vinaigre.
それに、刻んだハーブ(例えばシブレットのような)、エシャロット、塩、こしょう、オリーブオイル、ビネガーで味付けをします。


Voila, bonne appétit, et à bientôt pour la suite de notre voyage au cœur de la cuisine lyonnaise !
それでは、召し上がれ!次回、リヨン料理の発見の旅をお伝えします!