Google+ Followers

2014年6月28日土曜日

Les pronoms toniques - correction de l'exercice:強勢人称代名詞の練習問題答え合わせ

Bonjour, c'est Benoît
こんにちは、ブノワです。

Voici aujourd'hui la correction de l'exercice que je vous ai proposé sur les pronoms toniques :
こちらが、前回みなさんに出した強勢人称代名詞の練習問題の答え合わせです。


"Demain, nous, tous ensemble, allons organiser la fête d'anniversaire pour Misa. Elle a 23 ans. Toi, tu vas aller chercher des gâteaux à la pâtisserie. Tes sœurs, elles, décoreront l'appartement. Ton frère, lui, s'occupera de la musique. Tes parents, eux, iront chercher Misa à la gare. Ton frère et moi, nous, nous achèterons du vin et du champagne. Enfin, moi, je vais choisir le cadeau. Que penses-tu du nouveau CD de Mika ? Misa, elle, elle adore ce chanteur !"




Simple et facile !
シンプルで、簡単ですね!


2014年6月24日火曜日

Organiser l'anniversaire de Misa - les pronoms toniques:強勢人称代名詞の練習問題

Bonjour c'est Benoît
こんにちは、ブノワです。

aujourd'hui j'aimerais vous proposer un tout petit exercice sur les pronoms toniques.
今日は、みなさんに強勢人称代名詞の練習問題を出したいと思います。
 
Il suffit de compléter le texte avec les pronoms toniques qui conviennent.
ふさわしい強勢人称代名詞を使って、本文の穴埋めをしてください。

<強勢人称代名詞>
強勢形は、moi toi lui elle soi nous vous eux elles があり、主語や目的語を強調したい時や、前置詞の後などで用いられます。



"Demain, __________, tous ensemble, allons organiser la fête d'anniversaire pour Misa. Elle a 23 ans. ___________, tu vas aller chercher des gâteaux à la pâtisserie. Tes sœurs, ____________, décoreront l'appartement. Ton frère, ______________, s'occupera de la musique. Tes parents, _________________, iront chercher Misa à la gare. Ton frère et moi, __________________, nous achèterons du vin et du champagne. Enfin, ____________________, je vais choisir le cadeau. Que penses-tu du nouveau CD de Mika ? Misa, _____________, elle adore ce chanteur !"




2014年6月21日土曜日

サンパの料理教室 7月のメニュー♪

蒸し暑くなってきましたね。
7月のテーマはun été autrefois(夏の思い出)。フランスの夏らしいメニューです。
なるだけ火を使わない、さっぱりメニューだから、作る側も食べる側もうれしい3品です。

7月


前 菜: ケークサレ 塩系クリームとフレッシュキューブ添え

メ イン: 鮪 のタルタル スティックサラダ さっぱりブランデーソース添え

デ ザート: 砂漠のバラ バラのミルク添え

entrée は夏のピクニックの定番、ケークサレ。
メインは鮪のタルタル。タルタルといえば生肉のイメージですが、鮪バージョンもあるのだそう。 しか も魚介の美味しい日本なら、本場より美味しくできるはず!とStevenも張り切っています。
デザートは「砂漠のバラ」、チョコレートの お菓子。夏らしく冷たいロゼワインと一緒にゆったり試食して、フランスの夏時間を満喫しましょう!

日程などの詳細はコチラ。

http://ecolesympa.com/cuisine-Juillet/

2014年6月17日火曜日

Yoshiki en France


こんにちは。みさです。

昨日16日、ロックバンド X JapanのYoshikiが、12年ぶりのソロ日本公演「YOSHIKI CLASSICAL WORLD TOUR 2014」を東京芸術劇場で行いました。

先月フランスのパリでも彼のワールドツアーが行われたようで、フランスでも人気があるそうです。
ちょうど先日、コリンダがYoshikiの記事を書いていたので、ご紹介します。

Bonjour,
こんにちは。

C’est Colinda !!!
コリンダです!!!

Aujourd’hui je voulais partager avec vous une petite vidéo !
今日は、みなさんにビデオを共有したいと思います!

Vous connaissez sans doute Yoshiki ?
おそらくみなさんはYoshikiを知っていますか?



Il se trouve qu’il y a quelques jours, Yoshiki, le batteur de X Japan était à Paris à l’occasion de son Classical World Tour. Yoshiki a rendu déjà plusieurs fois visite à ses fans français, il est presque un parisien maintenant …
何日か前に、X JapanのドラマーのYoshikiがClassical World Tourでパリに来ていました。
Yoshikiはすでに何度もフランス人のファンに会いに訪れていて、彼は今やパリジャンです。

A l’occasion de son concertclassique, il laisse la batterie de côté et nous fait profiter de ses talents de pianiste. Il interprète ses compositions que vous pouvez retrouver sur son album sorti cet été mais aussi des nouveautés.
彼のクラシックコンサートの際、ドラムを横に置いて、私たちにピアニストの才能を披露してくれました。この夏に発売したアルバムの作品を演奏しました。それにしても斬新でした。

Dans cette interview il parle de sa tournée et de son travail de musicien mais il donne aussi son regard sur la France et sur les échanges franco-japonais.
このインタビューではツアーや音楽活動についての話をしていますが、フランスやフランコジャポネの交流についての彼の視点も伝えています。

Voilà donc la vidéo en Français et anglais : フランス語と英語のビデオ





Et la version écrite de l’interview (toute en français):字幕付きのインタビュー(フランス語)



Extraits : 抜粋


Votre album Classical est doux, réconfortant, optimiste... Reflète-t-il votre état d'esprit actuel ?
あなたのクラシックアルバムは、心地よく、元気を与え、楽観的です。あなたの現在の心の状態を表しているのですか?

YOSHIKI : En général, je suis une personne assez joyeuse, ou plutôt très positive. Mais j'ai évidemment de profondes cicatrices en moi, comme un côté sombre. J'essaie d'être positif mais la souffrance est toujours là. C'est pourquoi j'écris ce genre de tristes mélodies, et j'essaie aussi de composer de belles choses.”
一般的に、私はかなり陽気な人間です。というより、とてもプラス思考です。しかし、暗い側面のような内奥にある心の傷も確かにあります。
プラス思考になろうと試みますが、苦悩はいつもここにあります。ですから、悲しいメロディーのタイプの曲も書きますし、美しいメロディーも作曲しようとしています。

“Que faites-vous quand vous venez à Paris ? Quelque chose que vous ne pouvez faire nulle-part ailleurs…
あなたはパリに来た時、何をしますか?他の場所ではできないことなど・・・。


YOSHIKI : Question intéressante. Je ne sais pas, je vais juste marcher seul, tranquillement, dans les rues... et boire du vin rouge... toute la journée [rires].”
面白い質問ですね。わかりません。ただ一人で穏やかに街中を歩いたり、赤ワインを飲んだり、。。。一日中(笑)

Et si vous voulez un aperçu du concert, voilà un petit bonus (avec la chanteuse Katie Fitzgerald)
コンサートの詳細を知りたかったら、こちらをどうぞ。(歌手のKatie Fitzgeraldと共に)

https://www.youtube.com/watch?v=d8BwrosOcu0


Source : http://orient-extreme.net/ et sa chaine youtube.

Si vous voulez écoutez du français n’oubliez pas aussi la chaine Sympa TV.
フランス語が聞きたかったら、サンパTVのチェックもお忘れなく!




2014年6月14日土曜日

「サンパテレ」第3回!

Sympa télé(サンパテレ)、第3回配信です!

 今回はプレゼント情報もあります!
 今月Cécileがオススメする映画の招待券とパンフレットをプレゼント!
 ビデオにコメント下さった方の中から抽選で1名様に差し上げます。
最後までみてコメント書きこんでくださいね。

 たくさんのチャンネル登録ありがとうございます!
 最新号がアップされたらメールでお知らせを受け取れるので、まだの方は登録してくださいね。



2014年6月5日木曜日

6月の料理教室 参加生徒さんのお声


こんにちは。みさです。

スティーヴンの6月メニューの料理教室がスタートしました。
メニューはこちらです!

前菜 : グレープフルーツのカニのサラダ
メイン : フィレ・ミニョン オルロフ風 白ワインガーリックソース
デザート : ココナッツ風味のマカロン チョコカラメルガナッシュ入り

 
http://www.ecolesympa.com/cuisine-juin/  


早速、日曜日に参加された木曜日の生徒さんYoshikoさんに感想を聞いてみました♪

和気あいあいと、とても美味しく、楽しく参加していただいたようです!

お肉のフィレ・ミニョンは、しっとりした豚のフィレ肉の中からとろりとチーズとベーコンが出てきて、ボリュームたっぷりの味わいだそうです。
オリジナルのガーリックソースとの相性も◎。
お肉好きにはおすすめですね♪
 
そして、さすがプロの技!!と盛り付けも絶賛されていました。
レストランのような本格的な盛り付けも学べましたとのことです。

感激されていたのは、デザートのココナッツ風味のマカロン!
キャラメルも手作りして、チョコレートとキャラメルのクリームをマカロンで挟んで、
幸せなお味だったようです♥
思っていたよりも、ずっと簡単に作れたそうですよ。
今度、家で試してみる! とおっしゃっていました。

Yoshikoさん 料理教室の感想ありがとうございました。
ぜひ、また参加してくださいね!


 まだ空いている日もありますので、お気軽にお問い合わせください!
詳細はこちらです。
















2014年6月4日水曜日

Soixante-dix:70 Quatre-vingts:80 Quatre-vingt-dix:90


こちらヘッドフォンから本文の録音のダウンロードができます。

Bonjour c’est Colinda
こんにちは、コリンダです。

Au moment ou vous appreniez les nombres, vous vous êtes peut-être déjà posé la question :
みなさんは数の数え方を学ぶ時、おそらく疑問をもたれたでしょう。


Mais pourquoi soixante-dix, quatre-vingts et quatre-vingt-dix ?
なぜ、soixante-dix(60+10): 70, quatre-vingts(4×20):80 そしてquatre-vingt-dix(4×20+10):90なんでしょうか?

Surtout quand les pays voisins ont trouvé des manières de compter bien plus logiques :
隣国ではより理にかなった数え方です。

70 : septante
80 : octante ou huitante
90 : nonante

Ce serait plus simple !
とてもシンプルです!

Mais soixante-dix, quatre-vingts et quatre-vingt-dix sont une des spécificités du français.
Ces nombres témoignent du passe celte de la France.
しかし、70:(60+10)、80:(4×20)そして90:(4×20+10)というように、フランス語の数え方は特殊なんです。

En effet, au moyen âge, en France, on comptait de vingt en vingt (Partant de la logique qu’on pouvait compter sur les doigts de ses mains mais aussi de ses pieds). Ce système, qui repose sur une base de 20, s’appelle système vicésimal.
確かに、中世のフランスでは、20ずつで数えられていました。(足と手の指を使って数える理論から)。この20を基本としたシステムは”vicésimal(20進法)”といいます。



A cette époque on comptait donc ainsi :
この時代ではこのように数えられていました。

10 : Dis
20 : Vint
30 : Vint-dis
40 : Deux-vint
50 : Deux-vint-dis
60 : Trois-vint
70 : Trois-vint-dis
80 : Quatre-vint
90 : Quatre-vint-dis

Mais, a la fin du moyen-âge, le système vicésimal utilise est concurrence par un système décimal. Le système décimal se répand avec succès et est totalement adopté dans la plupart des régions d’Europe.
しかし、中世の終わりに20進法の使用は10進法競合されました。
10進法はとても広がり, 完全にヨーロッパの大部分で取り入れられました。

Mais en France les deux systèmes se mélangent :
しかしフランスには二つのシステムが混ざっています。

Si 10 dix, 20 vingt, 30 trente, 40 quarante, 50 cinquante, 60 soixante sont adoptés.
80 quatre-vingts et 90 quatre-vingt-dix demeurent
Le plus curieux, c’est le nombre 70 soixante-dix” qui mélange dans le même nombre le système décimal avec “soixante” mais le complète avec l’ancien système vicésimal “soixante-dix”
10,20,30,40,50,60は10進法を採用されていますが、80,90は以前のままとどまっています。
おかしなことに、70は10進法の60のシステムと混ざりつつ、昔の20進法のシステムを採用しています。


Peut-être connaissez-vous l’hopital des Quinze-vingts a Paris ?
みなさんはパリにある「Quinze-vingts(15×20)病院」をご存知でしょうか?

Fondé en 1260 par Saint Louis, l’hospice des quinze-vingt comptait a l’origine 300 lits soit 15x20 lits dans l’ancien système vicésimal.
ルイ9世によって1260年に建てられ、quinze-vingtホスピスは、当初は300台のベッドがあり、昔の20進法で15×20=300台のベッドと数えられています。

Et comme ca, maintenant, vous savez pourquoi !
このように、みなさんはもう疑問解決しましたね!


http://www.ecolesympa.com/etudier/module.php?m=37



2014年6月3日火曜日

Les pronoms démonstratifs - correction de l'exercice; 指示代名詞 練習問題の答え合わせ

Bonjour, c'est Benoît
こんにちは、ブノワです。

Voici la correction de l'exercice sur les pronoms démonstratifs.
こちらが指示代名詞の練習問題の答え合わせです。


1. Je voudrais un autre stylo s'il vous plaît. Celui que vous m'avez donné ne marche pas bien.


2. Ma voisine ? C'est celle qui porte une robe rouge !



3. Ceux qui habitent près du jardin du Luxembourg ont de la chance, c'est un très joli quartier.

4. Ce gâteau est trop sucré mais celui qui est à côté ne l'est pas assez.

5. Quelle jupe préférez-vous ? Celle qui est au fond du magasin ou celle qui est dans la vitrine?

6. Les chaussures que je veux sont celles que porte Misa.

7. Les étudiants qui écoutent du français tous les jours sont ceux qui font le plus de progrès.





Facile, n'est-ce pas.
簡単ですよね。
 
                                                   http://www.ecolesympa.com/etudier/module.php?m=37

2014年6月2日月曜日

3週間フランス語づけ 速習コース

早く話せるよになりたい、基礎を一気に習得したい、そんな初心者方が対象3週間速習コースが阿佐ヶ谷校で6月に開講されます!!

講座終了時には、買い物、注文、質問ができるレベルに到達します。。基礎レベルを一気に終えて早く上達したい方におすすめです。


レッスンは13時間×5日。
フランス語づけ
毎日です。習った表現は自在に使えるよ、ロールプレイングでしっかり練習します。思わぬシーンに出くわしても、フランス語で対応できる会話力を身につけましょ






場所:阿佐ヶ谷校
期間2014 - 616() 2014 - 77()
曜日:月、火、水、木、金 (週5 日) 
時間 10001130, 11451315   
           (途中15分休憩) 13時間×16
担当講師 Alexandre S. Marine J.
対象レベ:入門
料金
入会金 10,800円 (外部
)
受講料 118,800円 
教材費 0円 エコール・サンパ オリジナルテキストプレゼント 
最低催行人数4
使用テキスト:サンパが日本人初心者向けに編集 したオリジナルテキストをつかいます。
定員 8名まで
お申し込み:生徒さんは受付までご相談くださ い。

外部方は本部(03-3337-7933) までお電話ください。

お支払い方法:現金又は以下
口座 へお振込をお願いします。
みずほ銀行 西荻窪支店 普通 1959797 有限会社 エコール・サンパ


http://www.ecolesympa.com/etudier/module.php?m=37