Google+ Followers

2015年9月30日水曜日

料理教室11月はブルターニュの郷土料理です!



お待たせしました!11月はリクエストの多かったガレット(蕎麦粉のクレープ)です!食べ応えのある前菜とデザートを組み合わせました。

Entrée 前菜 :帆立のオーブン焼き

プリプリの帆立に魚介ソースがたっぷり。「1品目のメイン」と言っても過言でない、食べ応えのある一皿です。サクサクのフルロン(パイ)と一緒に。 

Plat メイン :ガレット・スペシャル

何を入れるかは家庭によって様々なのだとか。そこで今回は具材を数種類ご用意。お好きなものを入れて、あなたのガレットを焼いてください。

Dessert デザート クイニー・アマン

日本でもポピュラーになった、ブルターニュ名物のお菓子。今回ご紹介するのは、バターの香り豊かで、外はカリカリ、中はしっとりの本格派です。

Boisson お飲み物 :ブルターニュといえばやっぱりコレ。シードルと一緒に味わいます。

日程はコチラ
お申込みは通学中の教室または以下へお願します。
03-3337-7933

日曜日11:00の回はすぐ満席になります。昼間の回をご希望の方はぜひお早目にお申込みください。



2015年9月24日木曜日

リピーターが一番多い、ホームステイプログラム

みなさんこんにちは。
今日は、 「リピーターが一番多い、サンパのホームステイプログラム(ロワール地方のトゥール)」のMiyukiさんの体験記をご紹介します。
 
ロワール地方のトゥールにある語学学校は、 サンパと20年近いお付き合いです。

今までに多くの方が、1週間のプチ留学から、 数か月の滞在をされていますが、
今回は、3回目のホームステイをされて Miyuki さんの体験記をご紹介します。

Miyuki さんだけではなく、こちらのプログラムは リピーターが多いのですよ。

最初にステイしたホストファミリーを 2回目以降もリクエストされる方も多いです。

回数を重ねるごとに、フランスの実家に帰る 気分になるそうですよ。

滞在の詳細はこちらからどうぞ
http://www.france-sympa.com/ロワール1週間から短期留学

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

3回目のトゥ―ル短期留学(三週間)へ行ってきました。


                      (トゥールの街)
 
こういう形で1人でフランスに行くのは3回目。 
でも家族と行ったのを入れると5回目。 
つくづく、私はフランスが好きなんだなと思いました。
留学1回目の不安と緊張の旅からすると、
今回は、もう慣れたもので現地での自分の過ごし方を
前もってイメージすることができました。

1週目の土曜日にパリに行こうとか、
3週目のバーゲン突入前にお店の下見に行こうとか。

そして、学校初日。放課後。
前回仲良くなった若―いお友達と一緒に映画を見に行きました。 

予想外の展開です。ジョージクルーニー主演の「トゥモローランド」
(フランスで映画を観ている自分に密かに酔ってました。)

映画館を出るともう7時、外はすっかり暗いのかと思いきや、
なんと真昼間と錯覚するような明るさ・・。

そうフランスの6月はこうなんだ。
聞いてはいたけど、日本じゃ考えられません。
11時にならないと夜って感じにはならないそうです。

そんなわけで、初日からステイ先のご夫婦に帰宅が遅くなり
心配をかけてしまいました。
思わず「Je suis desolée!」です。
(普段日本では自分が娘や息子に言ってる事なのに・・。)

「明日からは、必ずメールしますから・・・」
フランス語でドキドキしながら初メール体験でした。

今回私は、バス通学をしたのですが、毎朝バスから
ロワール河のほとりを眺められて快適でした。 

バスの運転手さんに必ず「Bonjour!」と挨拶する事も、
何気ないけど、なんかいいなあと思いました。

一年で一番いい季節という事で休日のお昼は、
必ずお庭で、バーベキューでした。

ホームステイ先の食事は本当に毎日美味しくて、
旬のものだったり、日本人に馴染みのない珍しい物を
わざわざもてなしてくれたり、大満足でした。

お二人共、働いているのに、私に常にIpadで
色々と調べてくれたり、
パリ行きのチケットを取って下さったり、
奥さんが、バーゲン前の下見に、
ナショナル通り中のたくさんのお店を
一緒に回ってくれたりしました。 

それから、私は向こうに行って、
他の留学生と知り合うのも、一つの楽しみです。


                    (教室の窓からの眺め)

フランス語を一緒に学ぶという共通点はあっても、
色んな国の人がいて、仕事、考え方、生き方の違いがあって
とても良い刺激になります。


                受付のヴィルジニと校長のヤニック)

外国の人となんとかしてフランス語で会話する経験もしました。
今回も、本当に新たな発見があって、いい旅になりました。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Miyukiさん 素敵な体験記と写真をありがとうございました!
トゥールはMiyukiさんにとって、第二の故郷ですね♪

2015年9月2日水曜日

10月 フランスの定番家庭料理



10月は、シンプルでおいしい、フランスの家庭の定番メニューを作ります。

Entrée 前菜 トマトとマスタードのタルト

トマト&マスタードを薄い特製生地に並べて焼くタルト・サレ。休日のランチやパーティーの持ち寄りなどにぴったりのインパクトのある味です。

Plat メイン Steven流アッシ・パルマンティエ

じゃがいものピュレと牛ひき肉などを重ねて焼く、フランス家庭料理やの定番。チャツネを添えて、味わいを変えて楽しみます。

Dessert デザート 3つの味のガトー フランボワーズソース添え

カスタードとフランとスポンジの三層のケーキをぜいたくに味わいます。甘酸っぱい自家製フランボワーズソースを添えて。

Boisson お飲み物 赤ワイン

日程など詳細についてはこちら
http://atelierbonappetit.com/octobre2015/
お申込みは、以下からお願いします。
電話:03-3337-7933
メール:info@ecolesympa.com

最初から最後までStevenと一緒につくるので、料理が苦手・フランス語が話せなくても、安心してご参加いただけます。アレルギー・苦手な食材がありましたら、ご遠慮なくご相談ください。また、サンパの生徒さんはクラス単位でもご参加いただけます。教室でご相談ください。


2015年9月1日火曜日

オーベルニュの体験記 (後編)

オーベルニュのホームステイに参加された Yukari さんの体験記(後編)をご紹介します。



3日目は郊外にある牧場でチーズの製造過程を見学に行ったのですが、そこに生後2か月という人懐こい犬がいて、私は犬と戯れる企画に変更してたような気がします。
これだけのどかな所で育っている犬は街の中にいる犬とは全然違うオーラがありました。
人もそうですが犬もおおらかにのびのびと生活できる環境があるっていいなと思いました。
チーズの製造過程は初めて見ましたがとても面白かったです。
熟成させてあるチーズをちょっぴりお味見しましたがとても濃厚でおいしかったです。

4日目は料理教室でした。後で迎えにくるね~と言われて置いて行かれた時にちょっぴり後悔・・・フランス人3人とシェフそれに私というメンバーで、説明も会話もフランス語。
先生がものすごく早口でずーっと話をされてましたが、私が聞き取れたのは、私はわからないだろうから黙っていていいよ!というお言葉だけでした。
でも途中に「わかった?」とかの言葉をもらいました。メンバーの皆さんも感じの良い人たちばかりでほんとうにここも和やかに過ごすことができました。
クリームブリュレ・フィナンシェ・カスタードクリームなどを作って試食。おいしかったです。

5日目は山のお城の見学です。お城に続く道沿いに白馬がいて、テンションが上がりました。
このお城はポリニャック伯爵のお城。ポリニャック伯爵と言えばポリニャック夫人。
そう、マリーアントワネットに取り入って、あのプチトリアノンに出入りを許されていた数少ない取り巻きの一人です。革命が起こるとさっさとオーストリアに逃げたという、私の中ではあまり良い印象のない人ですが、確かにヴェルサイユに思いを寄せたのもうなずける質素な佇まいでした。でも私はこちらのお城のが好きでした。
その後の観光も本当にその土地ならでは所で心から感動しました!
私のフランス語はまったくもって低レベルでしたが・・・
これからも続けて行こうと強く思うことができました!
機会があればまたル・ピュイ・ブレイのあの素敵な街を訪れたいと思います。
フランス語素人の私に熱心に教えていただいたエルベ!そして毎日おいしいお料理と楽しい会話で私をもてなしていただいたオレリア、本当にありがとうございました!
それとこの素敵な企画に参加させていただいた大塚さん!
こころから感謝申し上げます。


Yukariさん、素敵な体験記ありがとうございました!
私もオーベルニュへ旅をしたくなりました。


人気のオーベルニュのホームステイですが、年内では、11月、12月には、まだ空いている週がありますので、 ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせくださいね。
クリスマス、年末年始の滞在も可能です!

<お問合せ先>
エコールサンパ 留学担当 大塚美奈子
mail : ryugaku@ecolesympa.com  tel : 03-3337-7933

オーベルニュのホームステイの滞在の詳細はこちらからどうぞ
http://www.france-sympa.com/オーベルニュ1週間から短期留学